先週は大忙しの週でした。

19日木曜日には藤原歌劇団Quattro Aria でのコンサート出演があり、その翌日20日には日本オペラ振興会オペラ歌手育成部で同期だったソプラノ・楠野麻衣さんとのジョイントコンサート「和洋折衷~愛のうた~」、そして、22日日曜日に行なった高千穂神社奉納演奏に向けて、コンサートの翌朝には宮崎県高千穂町入りしました。

5/20。普段はソロコンサートが多いのですが、今回は女性といっしょにコンサートをするということで、「愛」をテーマにプログラムを組みました。日本歌曲のみならず、この日ばかりは歌劇「椿姫」から二重唱を歌ったり、ドイツ歌曲・イタリア歌曲を歌ったりと、『和』と『洋』の「愛のカタチ」の違いがわかっていただけるよう工夫を凝らしました。今回の着物は、男の着物アッパースさんからご提供くださいました。とても素敵なお召しです。よくみるとミンサー織の柄になっています。
 
image
 
image

第1部は二人とも着物で。申し合わせはしなかったにもかかわらず、同じ色味の着物をチョイス。ここでも息がぴったりです。笑
 
image

第2部はタキシードとドレスで。楠野さんは「椿姫」の二重唱の前でさらにお色直し。
 
image
 
image

お客様にも大変好評で、皆さんから楽しいコンサートだったと感想をいただき、ほっと胸をなでおろしました。そしてなんと言っても私自身がとても楽しく、たまにはこういうのもいいなあと思ってしまいました。楠野さんが徳島出身、ピアニスト・下岡さんが愛媛出身、そして私が香川出身と四国出身トリオ。いつかこれを四国でやりたいと思います。
 
image

翌朝は5時起きで高千穂に向かいました。

続く