今年で3年目の参加となる智頭宿雪まつりに和響で歌いに行ってまいりました。


例年は、コンサート会場となる龍吟山興雲寺の雪かきからお手伝いするのですが、今年はスケジュールの都合で当日にしか伺えず。会場制作の皆様、ありがとうございました。今回のテーマは『鬼太郎』。ヌリカベと目玉のおやじがいたるところに配置されました。


プログラムは、童謡・唱歌から民謡、映画音楽、J-POPまで、いろんなジャンルを織り交ぜました。そして最後はお決まりの鳥取県の民謡、貝殻節をお客様の合いの手とともに歌いました。その地に根付いた歌をうたうと、会場との一体感もぐっと高まります。そしてなんといっても智頭のお客様はいつもとても温かい!皆さんが笑顔でコンサートを聴いてくださいます。こちらが元気をもらえる瞬間。

コンサートの後には和尚が、「言葉がこんなに聴きとれるように歌えるということがどんなにすごいことか、お客さんにも伝わっているかなあ」とおっしゃってくださいました。それはぼくがこの3年間、いちばん心血を注いできたこと。和尚にはそれが伝わったのだ、努力は無駄ではなかったと報われた思いでした。

そして、恒例の諏訪酒造さんでの打ち上げに今年も参加しました。上等なお酒は翌日に残らない不思議。自分たちの造ったお酒を美味しい美味しいと言って飲む諏訪酒造の皆さんをみていると、こちらまで幸せな気分になります。自分たちの造ったものに自信をもつ。当たり前のようで当たり前にできないこと。ぼくもその領域にいつかいければいいなあ。それにしても夜道は寒い!


そんな智頭に毎年来られることが楽しみでなりません。これもひとえに興雲寺の和尚のご尽力があってのこと。ご高齢でありながら、地元への貢献に策を巡らせる和尚の姿には頭がさがります。毎日欠かさない17時の鐘は和尚の元気な証。いつまでもお元気でいてほしいと切に願いつつ、来年の智頭に思いを馳せる帰りの電車。