出演依頼やお問い合わせ
nav
ピックアップ

奉納演奏のあゆみ

No.12 熊野本宮大社(4回目) 2017.4.14

No.11 伏見稲荷大社 2017.3.30

No.10 金刀比羅宮(2回目) 2016.9.23

No.9 虎ノ門金刀比羅宮 2016.7.25

No.8 高千穂神社 2016.5.22

No.7 熊野本宮大社(3回目) 2016.4.14

No.6 出雲大神宮 2015.11.22

No.5 熊野本宮大社(2回目) 2015.9.18

No.4 金刀比羅宮 2015.8.7

No.3 住吉大社 2015.6.21

No.2 防府天満宮 2015.5.2

No.1 熊野本宮大社 2014.12.9

ブログ

伏見稲荷大社奉納演奏

昨年8月にご縁をいただき、待ちに待った伏見稲荷大社での奉納演奏が無事に終わりました。故郷のまんのう町とも所縁のある空海とも深いご縁の伏見稲荷大社で奉納できたことに感謝の気持ちでいっぱいです。たくさんの参拝者にも聴いてもらえてよかったです。

 

 

 

*演奏曲目*
さくらさくら
うぐいす
荒城の月
平城山
小さな空
スタンドアローン

ブログ

お燈まつり

2/5に智頭を発ち、本宮に入りました。今回の目的は、新宮市の神倉神社でおこなわれる火祭り、お燈まつりに参加することでした。壁かと思うような急な階段を松明を持った男が駆け下りる、女人禁制のお祭りです。

当日は、海で禊をする人もいます。
 
IMG_3136
 

この日は朝から白いものしか食べることができません。これも禊のひとつ。
 
IMG_3098
 

御神火をともす松明には願いを書き込みます。
 
IMG_3208
 

胸に巻いた藁の紐は万が一転んだときの為の防具がわり。奇数周を巻き付けます。
 
IMG_3194
 

夕方、家を出発し、三社(阿須賀神社、熊野速玉大社、妙心寺)参りをして神倉神社に向かいます。
 
IMG_3214
 

神倉神社の一の鳥居。ここから階段が始まります。
 
IMG_3209
 

ご神体のある頂上についたのが18時。ここから20時まで寒さの中待機。
 
IMG_3210
 

19時すぎ、ご神体の社の前で種火がともされます。火がついた瞬間、暗闇が赤く染まります。火をつけやすくする為に松明を石に叩き付ける音がいっそう激しくなります。
 
IMG_3211
 

いったん下に降りた御神火が戻ってくるのがそれから約30分。火が戻ってきたときは大歓声が上がります。
 
IMG_3218
 

みんなの松明に火がつき始めると寒さは吹っ飛びます。そして、その景色は圧巻!
 
IMG_3213
 
IMG_3195

20時に門が開くと、わっしょい、わっしょいのかけ声をかけながら先頭の集団は我先にと駆け下りていきます。その駆け下りていく火が龍に見えることから下り竜と呼ばれているとか。ぼくは中盤の集団でゆっくりと下りました。なんせ急で怖いので。笑

 
そして松明は下のほうを残して火を消して家に持ち帰り、神棚などに飾るとのことで、ぼくも習って持ち帰ってきました。
 
IMG_3217
 

このお祭りにハマって新宮に引っ越してきた人もいるとか。ハマるのはよくわかります、火のついた松明に囲まれたときの高揚感は癖になること間違いなし。来年も行こうかなあ。

ブログ

智頭宿雪まつり

今年も智頭宿雪まつりに演奏に行ってきました。今年は昨年とは打って変わって、智頭の街は雪がかなり積もっていました。会場となった龍吟山興雲寺はこの雪景色。

IMG_3050
 

人生初の雪かきも。

IMG_2999
 

ぼくたちがリハーサルをしている間に、お寺の階段はこんな風に生まれ変わりました。

IMG_3051
 

コンサート会場はお寺の参集館、とはいえこんなに素敵な空間で、響きも
とてもよいです。そして、コンサートの間はメインストリートのスピーカーから街中にぼくの歌が流れています。

IMG_3052
 

ぼくたちの歌う後ろには幻想的な銀世界。

IMG_3036
 

約1時間半のコンサート、昨年の宿題だった津軽じょんから節も歌い、最後は鳥取の民謡、貝殻節で会場の皆さんに合いの手をもらいとても楽しい時間となりました。

IMG_3048
 

また来年も戻ってきたい場所です。

IMG_3047

ブログ

あけましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

今年は、念願であった京都のリサイタルが開催されます。そして、新たな神社とのご縁も結ばれ、伏見稲荷大社をはじめ、数社に奉納演奏をさせていただくことになりそうです。また改めてご報告いたします。

今年のテーマは『真』。真実と向き合い、真心を込めて、真剣に歌をうたっていきたい、そのように思っています。