盛りだくさんだった10月を乗り切りました。昨日、10月最後のコンサートを終えました。あとは、明日のTVKへの出演を控えるのみです。

3日には初リサイタルを敢行しました。オール山田耕筰のプログラムは、挑戦でもあり、自分に課したハードルは高かったですが、歌いきれたことで自信に繋がりました。

そして、香川県・まんのう町にある満濃中学校では、私自身初めてとなる講演会をさせていただきました。中学生に夢を持たせてあげられるような話をしてくださいとのことでしたので、音楽の勉強を特別にしてこなかった自分が音楽家になるまでの紆余曲折を話しました。好きだからやりたいという気持ちが一番、そして、遠回りしているようでも人生に無駄なことはない、ということを伝えました。少しでも中学生たちの記憶に残る話ができていればいいなと思うばかりです。満濃中学のブラスバンドとの共演もよい思い出です。

また、今月は2回の津軽三味線・福居一岳くんとのコンサートがありました。このコンサートは『和響』と題して開催しており、10/25の津軽そば・芳とも庵でのランチコンサートが第3回目のコンサートとなりました。レパートリーも少しずつですが増えてきました。クラシックの曲を津軽三味線の伴奏で歌うのですが、ふたりで色々な可能性を探りながら曲を作り上げていく作業は、とても楽しい時間です。津軽三味線は即興性の強い楽器ですので、本番になるまでどう仕上がるかわかりません。それが怖くもあり、また面白くもあり。これからどんな音楽ができていくか、楽しみでなりません。

年内は11/8、12/12と『和響』があと2回もあります。たくさんの人に聴いていただければ幸いです。